1/11

​甘楽ふるさと農園吉田恭一組合長あいさつ
 

吉田恭一組合長紹介

​ 吉田組合長は、養蚕農家から有機栽培農家に転換し、

​「甘楽町有機農業研究会」を設立した,

メンバーのひとりです。その後自宅の農地すべて、

JAS(有機認証)認定を受け、自ら、

有機農業を実践しています。

現在は、「甘楽町有機農業研究会」の顧問として、

地域農業の発展に尽力しています。

また、公益社団法人「大日本農会」、

(総裁、桂宮宜仁親王)から、優れや農業功績者に

贈られる、「緑白綬有功章」を授与されました。

 当農園は開園以来22年間、化成肥料農薬を使わない有機野菜作りを、全149区画で実践しております。農具類の無料貸し出しや、四季折々の苗木や種子、資材類の販売及び、有機栽培専用の堆肥、肥料の販売や管理機(有料)の貸し出しなど、手ぶらでもお越しいただける施設となっております。また、クラブハウス内には大型のお風呂場も完備され、農作業の後には汗を流していただけます。園内には、ホ場(畑)の区画の他に、休憩棟付きの区画が13棟があり、県内外のオーナー様にご好評いただいております。また、自然豊かな甘楽町上野地区にあり、上毛三山や浅間山、浅間隠し、谷川岳や武尊山その隣の横手山、志賀高原の岩菅山まで見渡せる、素晴らしい景観が広がる市民農園です。北側には、上信越道が通っており、富岡ICより車で10分と、アクセスも良く甘楽PCスマートICも開通する予定です。園内の西側斜面には「上野ひつじ公園」が併設されており​可愛いひつじ達が草を食べる姿に癒されながら作業して頂けます。穏やかな自然の中で無農薬安心安全な野菜作りをお楽しみください。